暮らしの中に、やさしい彩りを。テキスタイルブランド「KAYO AOYAMA」暮らしの中に、やさしい彩りを。テキスタイルブランド「KAYO AOYAMA」

日々の暮らしの中にある、さりげないものたち
その美しさや愛おしさを、やさしく繊細に表現する

テキスタイルデザイナー青山佳世が手掛ける、テキスタイルブランド「KAYO AOYAMA」。スウェーデンでテキスタイルを学び、現地の壁紙メーカー、その後日本のファッションブランドでの経験を経て、現在はフリーのテキスタイルデザイナーとして活躍中の彼女が生み出すテキスタイルは、どれもあたたかみがあり、日常に溶け込む柔らかいタッチが特徴的。
手書きならではの優しい雰囲気で、暮らしの中にそっと彩りを与えてくれるような生地を作っています。

今すぐコースをみる

プレイヤー詳細1

自然や日常の中にあるさまざまものたち
そのものが持つ魅力を、ていねいに描いています。

テキスタイルのモチーフとなっているのは、主に植物や動物、また日常的に使う身近なものなどが多いです。
日々の暮らしの中にある何気ないもの、例えば歩いている時に道で見かける植物や建物の一部、野菜の色や形、動物園で目にした動物、何気無く見ていた雑誌の1ページなど、生活の中で目にするものの中で、素敵だなと思う色の組み合わせや形から着想を得ることが多いそう。
自然の造形物が持つ独特な線や形の美しさを丁寧に描くことで、暮らしの中のさりげないものにも、不思議と愛着が沸くような、そんな生地を目指してデザインしているのです。

プレイヤー詳細1

空間に馴染む、心地よいテキスタイルは、
「手書き」にこだわったデザイン技法から生まれる

これらのテキスタイルの図案は、どれも水彩絵の具や色鉛筆など、さまざまな画材を使い、一つ一つ手書きで丁寧に描かれています。絶妙な絵の具のにじみや線の揺らぎなどもそのまま活かして生地にプリントすることで、温度の伝わる、繊細で軽やかな生地が出来上がります。
また、決して派手な色ではないけれど、空間がふわっと明るくなるような、心地の良い彩りを与えてくれるこの色使いも、「KAYO AOYAMA」のテキスタイルの魅力のひとつです。

プレイヤー詳細3

2ヶ月に1回、オリジナル生地をお届け
インテリアにも、ハンドメイドにもおすすめ

約20種類の柄の中から、毎回ランダムに2種類の生地に加えて、おまけのハギレをセットでお届け。
額に入れたり、ファブリックパネルにしてアートとして楽しんだり、おうち時間を使って、ハンドメイドの小物づくりを始めたり、使い方はさまざま。
毎回どんな柄が届くかはお楽しみなので、届いた柄とその時の気分に合わせ、お好きな使い方でお楽しみください。

コース一覧

コース一覧

暮らしの中に、やさしい彩りを。テキスタイルブランド「KAYO AOYAMA」

テキスタイルブランド「KAYO AOYAMA」

オリジナルテキスタイル生地セット
生地2種類+ハギレのセット×4回コース

2,200円(税込)/2ヶ月ごと

定期便を注文する