京都・宇治のくみひも製造「昇苑くみひも」京都・宇治のくみひも製造「昇苑くみひも」

先人たちが積み重ねてきた技術を現代へ。
”くみひものスペシャリスト”が挑戦するものづくり。

「昇苑くみひも」は1948年、京都・宇治の地で創業し、主には帯締めや髪飾りなどを作る工房としてスタートしました。
この頃は組台という昔からの道具を使って手作業で1本1本の紐を組む「手組」という技法でものづくりを行なっていましたが、その後「製紐機(せいちゅうき)」と呼ばれる紐を組むための機械を導入し、今では機械を用いて紐を組む「機械組」と昔から続く「手組」でのものづくりを両立しています。
また紐を組む技術だけでなく、製品加工を担っている作り手が在籍しており、組紐の用途を大きく広げる役目を担っています。
このように幅広く組紐の技術をもつことが、私たちのものづくりを大きく支える強みになっています。アイディア次第で幅広く、今までのものづくりだけに固執するのではなく、新しいことにもどんどんチャレンジするように心掛けています。
始まりは和装のための組紐商品でしたが、最近ではジュエリーやインテリア、アパレルから神社仏閣、さらには医療関係など幅広いジャンルでの用途を実現しています。

今すぐコースをみる

プレイヤー詳細1プレイヤー詳細1

糸の染色から組上げまで。
たくさんの職人の手を通り、組紐は製造されています。

組紐の工程には様々な段階があります。特に糸の染色から紐の生産、さらに加工までを一貫して行うには細分化された作業を分担して一つ一つ丁寧にこなしていく必要があります。
全て国内で生産し、自分たちの満足のいく組紐が出来上がるよう、管理の行き届く範囲での製造を行っています。
昇苑くみひもの紐は、製紐機を使用した機械組であってもその作業のほとんどの部分は手作業です。
糸を染めて、その糸を組紐にするための前準備をしていくのですが、糸繰り、経尺、撚りかけ、木管巻きと、機械にセットするまでの工程だけでたくさん。仕上がりが美しくなるよう、染色や糸によって絶妙に変わる糸のコンディションを把握しながらのこの工程はまさに職人技です。
そのあと、商品や作品によって、「機械組」や「手組」の工程に移ります。写真は手組のもの。このように、「昇苑くみひも」の商品は、多くの職人技によって作り上げられています。

プレイヤー詳細1プレイヤー詳細1

優しく、上品な色合いに心ときめく。
自然から生まれた、美しい色の恵み。

様々なくみひもの商品を企画・製造する「昇苑くみひも」ですが、今回は、よりみなさまに季節ごとにくみひものアイテムを味わっていただけるようにと、草木染のくみひもコースをご用意しました。
日本の植物染色は古く、飛鳥時代にまでさかのぼり、法隆寺宝物にも梅染(桃染)として使用されています。友禅の原点とも呼ばれる染色方法です。
そんな歴史の深い草木染ですが、「昇苑くみひも」では京都で60年以上染色に携わっている職人の先生にお願いしています。
それぞれの植物の美しい色を表現するには、長年の熟練した技術が不可欠です。花ではなく蕾が色づく直前に枝を煮出して染液をとったり、根っ子や樹皮を使用したり。植物に向き合わなければ決して出すことのできない色を表現しています。
研究を重ね完成された植物染の美しさと奥深さ、歴史ある本友禅の技法を小さな組紐に詰め込んだ、魅力たっぷりの商品です。

プレイヤー詳細1プレイヤー詳細1

季節の移り変わりとともに。
春夏秋冬それぞれに合わせて草木染をお届けします。

春はさくら、夏は藍、秋はイチョウに、冬は梅。淡く上品な色合いが、日本の四季の移り変わりの美しさを優しく教えてくれます。
コースは、大きな小田巻のついたキーホルダーとストラップの2コース。どちらか使いやすい方をお選びください。
キーホルダーは鍵をつけたりの他に、バッグにつけてもアクセントに。洋装にも和装にも合わせやすいアイテムです。
ストラップは、紐の部分が輪っかになっているので、手を通せてとても便利。ついつい手放せなくなりそうです。
”染め”に”組み”。古くから続く伝統技術で作られた、とっておきの趣向品を是非お愉しみください。

コース一覧

コース一覧

京都・宇治の組紐製造「昇苑くみひも」

京都・宇治の組紐製造「昇苑くみひも」

季節の草木染め小田巻キーホルダーコース
季節に合わせて ×4回コース

1,650円(税込)/3ヶ月ごと

定期便を注文する

京都・宇治の組紐製造「昇苑くみひも」

京都・宇治の組紐製造「昇苑くみひも」

季節の草木染めストラップコース
季節に合わせて ×4回コース

2,200円(税込)/3ヶ月ごと

定期便を注文する